フィールドリサーチ

ユーザー事例のご紹介

事例1:某製薬メーカー様フィールドリサーチ活動事例

目的 店頭販促物の効果測定と、ラウンダー巡回チェーンの店頭力測定
対象 全国のスーパー、ドラッグストア、ホームセンターなど 約3000店舗
内容 販促物設置状況、商品展開状況等の店頭調査
運営のポイント 調査員にはご依頼企業名を非公開にして定番・定番外の展開率や、販促物の設置率、競合他社との目立ち度という指標において、純粋な消費者の目線で、バイアスの掛からない調査を実施しています。

活動の効果 自社ラウンダーの訪問店と未訪問店では店頭実現力に差が生じることがわかりました。
ブランド力の高い商品については、店頭送り込みの販促物でも高い設置率を実現することがわかり、必要販促物の数量を把握することが可能になりました。

事例2 某嗜好品メーカー様フィールドリサーチ活動事例

目的 主力の飲料カテゴリとは別に、新しいカテゴリチャレンジをする上で店頭を網羅的に調査して販売戦略を立てたい
対象 全国約1200店舗(250チェーン)のスーパー、ドラッグなど
内容 新商品カテゴリの定番棚におけるSKU数、フェイス数の調査と棚割り再現
運営のポイント 調査品質を上げる目的として、代表的なチェーンを抽出して先行調査を実施。通常調査で起こりうる事象を予期して先行調査結果と通常調査結果とのロジックチェックをプログラムして、迅速に異常値の検出ができる対応を実施しました。
また、調査カテゴリが広い店舗では10本以上の棚割りとなるため、調査員は1店舗につき3名アサインをして、複眼でチェックできるロジックを構築しました。

活動の効果 新商品の導入前にチェーン毎の棚割りを再現することで、導入効果とプロモーション戦略を立て、実施の効果を測定することができました。

事例3 某お酒メーカー様フィールドリサーチ活動事例

目的 季節毎に変化するお酒売り場のプロモーションコーナーの変化を定点観測したい
対象 全国スーパー500店舗をプロモーションコーナーの棚替えのある季節の3回に分けて定点調査
内容 定番・プロモーションコーナーにおけるフェイス数、販促物設置率、価格などの覆面調査を実施
運営のポイント 定点調査のため、過去のデータとの調査ブレと変化を視覚的に、迅速に確認できるBIツールを活用しています。

売場全体 平均フェイス数


分析レポートでは、店頭状況の調査結果だけでなく、全国調査店舗の店頭実現力(定番外展開率と定番外平均フェイス数)において、定期ラウンダー巡回店舗の店頭実現力を反映して効果を測定しています。

活動の効果 現状の店頭実現力を把握することができ、また、季節毎に変化する“はず”のプロモーションコーナーでも、変化の無い店舗を抽出して、売場交渉すべき店舗を洗い出すことができました。

その他事例

内容 エリア サンプル数 店舗数
医薬品メーカードラッグストア店頭調査 全国 26,000 13,000
24時間貸駐車場調査 首都圏 15ブロック
化粧品メーカードラッグストア店頭調査 全国 14,000 7,000
カー用品小売店自社・総合点店頭調査 全国 800 800
 ゲームソフトメーカー家電量販店店頭調査 首都圏 500 500
 出版社書店店頭調査 全国 10,000 10,000
 酒メーカーコンビニエンスストア店頭調査 全国 3,000 3,000
 家具小売店競合店チラシ調査 全国 25 40
商品陳列什器メーカーホームセンター店頭調査 中部 110 110
アパレルメーカー百貨店調査 首都圏 130 130
 調味料メーカー店頭調査 中部 300 300

※他多数実績あり

お問い合わせ

各サービスについてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

メールでお問い合わせ

メールでのお問い合わせをご希望の方は、お問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせ内容に応じて、担当よりご連絡をさせていただきます。

電話でお問い合わせ
個人の方0120-411-319
03-6328-3630 (代表)
平日9:00〜17:30
法人の方03-6328-3636 (営業)