こんなお悩みございませんか?

  • リニューアル後の商品が売場で気付かれて購入されたか、消費者の購買理由を知りたい
  • チェーンの販促企画が消費者の購買心理を捉えているか、実際の購買者の声を知りたい
  • 業態やカテゴリ、ブランドを横断して消費行動を分析した裏付けデータがほしい

サービス概要

Point of Buy®データベースは、全国の消費者から実際に購入/利用したレシートを収集し、ブランドカテゴリや利用サービス、実際の飲食店利用者ごとのレシート(利用証明として)を通して集計したマルチプルリテール購買データのデータベースです。

同一個人(シングルソース)から「消費行動」に関わる複数種類のデータを収集しており、ショッパーの行動結果からリアルなショッパーの実態に直接迫り、マーケティング戦略に不可欠なデータを、“より精度を高く”を企業・メーカーに提供します。
集計対象は、消費財カテゴリ 60種類 約6000ブランド、飲食利用カテゴリ 10種類約200チェーン(2016年12月現在)。全ての利用証明に購入/利用理由(フリーコメント)がデータ化されています。

サービス特徴

消費者が実際に利用した購買証明(レシート)をデータ化

大量に収集したレシートは、POSとの親和性が高い上、全てのデータに購買理由を付けてデータ化。
POSの裏付け情報としても活用できる。

インターネット調査で全国の消費者からレシートをリアルタイムに収集

本人認証の取れた会員から日次でデータを収集。
スクリーニングしたデータは週次で提供するため、新商品の反応や販促企画の効果測定に最適。

Point of Buy®データサーバに蓄積

独自のシステムで全てのレシートをデータチェック後、サーバに蓄積。
過去の購買履歴を蓄積しているため、シングルソースの購買行動分析や、過去の購入者に深堀り調査が可能。

複雑な操作のいらない分析ツールをご用意

収集した購買理由データは、顧客分析BIツールで提供。
店頭調査設計の経験・ノウハウを生かした定型レポートで、お客様独自のカスタマイズレポートも作成可能。

レシート収集対象カテゴリー

レシート収集対象のカテゴリーは108種類あります!

レシート収集対象カテゴリー

お問い合わせ

各サービスについてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

メールでお問い合わせ

メールでのお問い合わせをご希望の方は、お問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせ内容に応じて、担当よりご連絡をさせていただきます。

電話でお問い合わせ
個人の方0120-411-319
03-6328-3630 (代表)
平日9:00〜17:30
法人の方03-6328-3636 (営業)