ソフトブレーン・フィールドの提供するリテールサポートの全体像

豊富な店頭活動において実証された
成功するためのノウハウ

  • 135カテゴリーの消費財と350社の取引実績
  • 大手製薬企業、大手飲料メーカーなど店頭活動コンサルティング実績

成果を出すための運営管理

  • ラウンダーのリクルーティング
  • 本部と連動した指示出し
  • ラウンダーの活動管理・教育
  • 本部商談に活かせる情報フィードバック
  • 商品・企画に合わせた柔軟な訪問体制

フィールド専用システム

  • 活動・スケジュール管理
  • 店頭画像
  • 月次活動に合わせた柔軟な設定
  • 本部担当者がデータを活かせる仕様
  • 集計に適した仕様

リテールサポートの全体像

ラウンダーだけに頼らない 最先端の仕組みを提供

導入コンサルティング

組織小売流通におけるフィールド活動は、本部商談強化にどうつなげるかが肝要。
そのためのノウハウをご提供します。
ラウンダートレーニング、人事・評価制度コンサルティングもお請けします。

量販営業のあるべき活動プロセス

「本部商談PDCAサイクル」と「店舗支援PDCAサイクル」を同期化させ、販促企画の店頭構築力を強化。
店舗状況が可視化され、本部における提案の質を向上させます。

導入コンサルティング

  • 現状把握(商品・市場・競合、対象チェーン、販促企画etc.)
  • KPI設定
  • KPI達成計画と検証PDCA
  • 情報連携ルート設計(貴社窓口、貴社営業、当社事務局、ラウンダー)
  • 販促物等物流設計
  • 店頭取得情報とその活用方法
導入コンサルティング

お客様の現状を踏まえ、3つのサイクルをつながるような情報連携方法を考えます。

オペレーション

活動設計~活動指示~ラウンダー教育、SVによるスキルアップ~販促物管理・発送~報告システム~結果検証~改善提案までワンストップでお請けします。
※ 最大全国8000店舗を約2週間でラウンド可

ワンストップ・オペレーション

ラウンダートレーニング

知識・ロジックで勝てるラウンダーを育てる

組織小売流通におけるフィールド活動では、企画にそって一律的な活動をしたからといって、同じ効果が出るとは限りません。

個店交渉でどう勝ちきるか。

その裏付けとなる知識(ISM理論)・ロジック(提案、切り返し話法)、その土台となる人間関係形成をトレーニングします。

トレーニング

データ分析

ラウンダートレーニング

KPI

KPI(Key Performance Indicator) 主要業績評価指標

店頭配荷、フェース、アウト展開、優位置、販促物、新商品、企画具現化・・・KPIを設定しギャップ分析を行います。
チェーン、エリア、店舗、販促、本部商談、ラウンダー・・・要因に対し、適切なご提案をします。

kpi1
kpi2
kpi3

down_arrow

業戦略とフィールド活動内容

どこに理想とのGAPが存在し、理想に近づけるためにはどのような打ち手を打てばよいのか

データ分析

フィールド活動結果の集計・分析から、売上との相関分析、店頭・競合・気温・エリア・チェーンなどの要因分析まで、BIツールを活用し様々なデータ分析を行います。

BIツールを活用した様々なデータ分析

データ分析

データ分析

報告システム

報告システムの最大の目的は店頭情報の活用です。

必要な情報(店頭配荷、フェース、アウト展開、企画具現化、売場担当者とのコミュニケーション、店頭写真 etc.)をネット環境があればどこからでもスピーディに見ることができます。

報告システム

リテールサポート ユーザー事例

事例1某日用品メーカー様
定期店頭フィールド活動(ラウンダー活動)事例

目的 定期・スポット訪問を組み合わせた効率的な店頭フォローによる、特定重点チェーンとの関係強化と売上増
対象 東日本ドラッグストア、1企業、約500店舗
内容 定期訪問:売場メンテナンス、在庫チェック、販促物設置、発注促進、売場提案、売場構築、店頭情報収集 etc.
スポット訪問 エンド売場構築、棚替作業
運営のポイント 広域チェーンをフォローするにあたって費用対効果を上げる為に、店舗の選定を、店舗の売上ランクに合わせたフィールド活動(ラウンダー活動)体制にしました。

店頭ランクに合わせた柔軟な店頭フィールド体制を構築

具体的には、上位ランクは定期的に店舗訪問し、売場担当者とのコミュニケーションを深めながら自社商品の売場面積の維持拡大に重点を置いたフィールド活動(ラウンダー活動)にし、下位ランクはプロモーションや新商品発売等のイベントに連動したスポットの目的遂行型のフィールド活動(ラウンダー活動)にしました。

事例

活動の効果
  • 検討開始1年3か月後に、130名近くのラウンダーを雇用し、店頭活動を自社内で運営開始
  • 導入効果として期待した、店頭活動コストの削減、直接指示による店頭活動の質の向上が図れた

事例2 某医薬品メーカー様定期店頭フィールド活動(ラウンダー活動)事例

目的 定期訪問による、店頭における自社商品露出拡大と機会ロスの削減
対象 全国ドラッグストア、約60企業、約2000店舗
内容 売場メンテナンス、在庫チェック、販促物設置、発注促進、売場提案、売場構築、店頭情報収集 etc.

活動の効果 フィールド活動(ラウンダー活動)導入4カ月後の売上状況は、スタッフが訪問した店舗の前年比が140%を超える実績となりました。

事例3 某日用品メーカー様スポット店頭フィールド活動(ラウンダー活動)事例

目的 CMと連動したスポット訪問による、エンド企画売場の構築
対象 全国SM、GMS、ドラッグストア、ホームセンター 約900店舗
内容 販促物設置を含むエンド売場構築
運営のポイント エンド構築などの経験があり、マニュアル(メーカー本部商談の企画書やメーカー様からのヒアリングを基に弊社にて作成)を用いれば、売場担当者様との打ち合わせにより臨機応変に売場構築ができるスタッフを配置して実施しました。

CM連動のエンド、定番売場展開企画

活動の効果
  • 今まで自社社員で実施していた時と比較して、2〜3割のコストダウンを実現されました。
  • 今までカバーできていなかったエリアの売場構築を実現できました。
  • 今までより短期間での売場構築を実現し、チャンスロスを防ぐことができました。

お問い合わせ

各サービスについてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

メールでお問い合わせ

メールでのお問い合わせをご希望の方は、お問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせ内容に応じて、担当よりご連絡をさせていただきます。

電話でお問い合わせ
03-6328-3630 (代表)平日9:00〜17:30
03-6328-3636 (営業)