Cast3都恵子さん

ご主人、20歳の娘さんと神戸に暮らしている都さん。
SBFには2008年から登録してお仕事をされています。

都恵子さん

SBFでお仕事を始めたきっかけを教えてください。

高校を卒業して社会に出て以来、15年間働きました。出産を機に退職して家にいた1年半を挟んで、それからもずっといろいろな仕事に手を出しています。職歴で言うと40はあります。

現在は、10年ぐらい続けているマンションの受付業務と、夫が経営する会計事務所の事務手伝いをしていますが、まだ空き時間があるのでそこを活用したいと思いSBFさんに登録しました。

大げさに言うと、自分の可能性に賭けてみたかったんです(笑)新しい場所に行くことや、知らない人にお会いすることがすごく好きなので、労働力としての自分へのニーズがある限り、できるだけ社会と関わっていきたいと思っています。

都恵子さん

都さんにとって、仕事の楽しさとはなんですか?

家事はいくらやっても終わりがないですよね。掃除をしてもすぐに埃が溜まってしまうし、洗濯物を洗っても翌日には同じ量が出る。主婦がいくら家事をしても誰も感謝してくれないですし、たまにむなしくなるんです。でも仕事は労働に対してお金がいただけますし、ときには感謝までしていただけることが嬉しくて!

家をきれいに片付けて、ガーデニングにも凝って、という生活もしたいけれど、社会で働けなくなってからでもいいかなって(笑)家族も理解してくれています。主人は、「仕事を優先していいよ」と言ってくれますし、娘は小さい頃から母親が家にいないことをそれほど嫌がっていなかったみたいです。

都恵子さん

いろいろなお仕事をされてきた都さんから見た、SBFのお仕事のメリットとは?

自分の空いた時間にできますし、自分の生活圏で仕事ができるので、とてもやりやすいことですね。難しそうに見えても、実際にしてみると、電話で研修をしてくださるし、何か不安や困ったことがあっても本社の社員さんがフォローしてくださるので、安心です。

都恵子さん

SBFのお仕事で、気をつけていることは何ですか?

相手の方に不快な思いをさせないことと、与えられたマニュアルにできるだけ忠実に仕事をすることでしょうか。それができた上で主婦目線で気付いたことがあったら、ご報告するようにしています。